INITIAL RESIDENT初期研修医

研修概要

順天堂大学浦安病院では「自由度の高いプログラム」「豊富な症例」「熱意ある指導」で優秀な臨床医を育成します。
1年目は順天堂大学浦安病院内で医師としての基盤を醸成し、2年目からは順天堂大学4附属病院および協力型臨床研修病院、
臨床研修協力施設の中から自分の目標に合わせた研修ローテーションを組むことが可能です。

研修科目

総合診療科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、腎・高血圧内科、膠原病・リウマチ内科
血液内科、糖尿病・内分泌内科、脳神経内科、メンタルクリニック、小児科、消化器・一般外科、
乳腺・内分泌外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、皮膚科、
形成外科・再建外科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、産婦人科、救急診療科、麻酔科、臨床検査医学科、病理診断科、リハビリテーション科

初期臨床研修における一般目標

1.幅広い臨床を経験し医学部で学んだ基本的知識・技術・態度を体系化する。
2.暖かい人間性と広い社会性を身につける。
3.医師としての自己を見つめ直し「医の心」を十分に考える。
4.病める人の全体像を捉える全人的医療を身につける。
5.臨床経験を通じ,総合的視野,創造力を身につける。
6.科学的思考力,応用力,判断力を身につける。
7.患者及び家族のニーズへの対応,態度を学ぶ。
8.医療関係スタッフの業務を知り,チーム医療を率先して実践することを学ぶ。
9.医療における経済性を学ぶ。

初期臨床研修における到達目標

1.研修医として,適切な臨床的判断能力と問題解決能力を修得する。
2.基本的治療手技を適切に実施できる能力を修得する。
3.医の倫理に配慮し,診療を行う上での適切な態度と習慣を身に付ける。
4.医学の進歩にあわせた生涯学習を行うための方略の基本を修得する。
5.総合カリキュラムとして学習する。
6.座学としてではなく,実地臨床症例を教師とし,体験から自己学習を促進する。